蔵元自己紹介
春霞の一本蔵
栗林の仕込み水
蔵人が造る酒米
蔵の四季
春霞が飲めます
春霞が買えます
ご意見頂戴!
春霞酒造ブログ
日本酒とJAZZ(店主の趣味紹介)
にごり酒
/ HOME / 栗林の仕込み水

名水百撰、六郷

六郷は名水百撰に指定された、水の町です。奥羽山脈のふもと、扇状地の上にあるため地下水が豊富で、各家庭でも地下水を汲み上げて使用するのが一般的です。

町中には六十箇所以上の清水が湧き出ており、それぞれに藤清水、台所清水、紙鋤き座清水などと名前がついています。水を利用した産業として、サイダーメーカーが1社、酒造メーカーが3社もあります。

栗林(りつりん)の仕込み水

春霞の仕込水は、地下25メートルから汲み上げた地下水です。栗の木がそばにあるので、栗林の仕込水と呼んでいます。蔵元の玄関には水飲み場が設けてあり、自由に飲んで頂いています。

地下水の温度は年間を通して約12度前後、水質は軟水。一説には、酒を造るにはよく湧く軟水が良い、といわれるなど、仕込み水は酒の味に大きな影響を与えています。ですから、春霞の味はこの栗林の仕込み水があってこそ、醸しだされると言っても良いと思います。

 
  醸造元 秋田県仙北郡美郷町六郷字米町56 合名会社 栗林酒造店 TEL0187-84-2108 FAX0187-84-3570